木香莉の家の住まいづくり

木香莉の家の建築は天然素材にこだわり抜き建てられています。

社長出身の埼玉県飯能市名産の西川材、杉・檜を使用し、木の風合いを感じられる家に仕上がります。

木香莉の家の建築はお客様と木を選ぶことから始まります。

地元山主さんの手もお借りし、間伐材を使用しながら環境にも優しい家づくりを目指しています。

自然素材を使う家ですので、シックハウスなどの心配もありません。

私共のお客様の中にはシックハウスやアトピーで大変お困りだったお子様の健康状態が快方に向かったとのお声も頂いております。

木香莉の家の建築はお客様と密にコミュニケーションを図り、できるだけお客様のご要望にお応えできるよう努めております。

どんな些細なことでもお聞かせください。

新築・リフォームなどをお考えのお客様はぜひ、お話をお聞かせください。

まずは見積もりから!

お気軽にお問い合わせください。




昨年末に(有)モリタ工務店が手がけた秩父A邸が完成致しました。

今回はその完成したお宅をリポートします。

本当に昨年末、12/31に、こちらも当社が製作したテーブルをお届けに伺って来ました。

A様は新年に向けて引越しを開始されており、とても幸せそうでした。

まずは、お家の玄関から…

山小屋風の佇まいでシンプルですが、ディテールもしっかりと良い木にこだわり抜きたいというA様のご希望で、扉もけやきを使い、実は社長が手作りで作らせて頂きました。

玄関の内装も全て木を使われていて、お邪魔した時点から爽やかな空気に包まれます。

お家の内装にはもちろん、西川材が使われています。

お家の中に入ると、天井が高く作られていて、解放的な雰囲気に包まれていました。


一階フロアには仕切りがなく、キッチンにはカウンターもあり、家族で賑やかにお食事ができるリビング、お客様が来てもすぐにおもてなしができる客間的なスペースも整っています。

ちなみにキッチンに置いたこのテーブルは栢ノ木でできています。

その客間スペースにはまっすぐ玄関からお客様をお通しできるようになっていました。

私が個人的にすごく良いなあと感じたのはアンティーク時計と、ロッキングチェアがあるこのスペース。

とても趣があり、1日のあるひと時をこの椅子に座って過ごして見たいなと感じました。


今回は引っ越し真っ最中に伺ってしまったのですが、1階スペースのみ、控えめながら撮影も許していただき、リポートさせて頂きました。

A様、お忙しい中、大変ありがとうございました。