当店発祥!元祖銀杏焦がしまな板

敬遠しがちな木のまな板ですが、当店の元祖銀杏焦がしまな板はそんな方にぜひ使って頂きたい一品です。

その使い心地の良さにきっと感動するはずです…



木香莉の家の商品は素地の商品が多数ございます。



その為、作り手がよく知っている地域の材をなるべく使用しています。



もちろん、元祖銀杏焦がしまな板も埼玉県産の銀杏を使用しています。



製材は埼玉県飯能市西吾野にある当初の製材所にて行なっています。



見た目は立派でも中を開けて見ないと分からないというのが木材です。



その材がまな板に向いているのかどうかしっかり見極める為、製材から製作をするのが当社のこだわりです。



古くからまな板に使用されるのは柳か銀杏の木が良いと言われて来ました。



その理由には、



1.弾力性を備えており、包丁のあたりが良く、切るひとの手首にも優しいこと。また、板が凹みずらい。



2.油分が多く含まれている為、水はけが良いこと。



3.フラボノイドが含まれており、まな板に匂いが残らないこと。



4.殺菌効果に優れており、衛生的であること。



…など



が挙げられます。



柳の木は現在では、日本であまり生息しておらず、また太い木の中心の一部分でしか作ることができない為、大変高額なものとなっています。



その為、なかなか手に入れることが難しくなっています。



その点、銀杏はお値段も柳ほど高額ではないし、色味も柔らかなのでお料理を邪魔しないという好ポイントがあります。使い心地は柳も銀杏もそれほど変わりはありません。



銀杏のまな板は板前さんやプロの料理人の方も憧れるという最高級・最適品のまな板です。



近年では、樹脂のまな板を使用する方が多く、木のまな板を敬遠する傾向が見られます。



その理由としては、



・木のまな板はお手入れが難しく、衛生的ではない。



・結構お値段は張るのにすぐ取り替えなくてはならなくなる…







しかし、当社の元祖銀杏焦がしまな板なら、上記に記してきました内容から、そのように感じていらっしゃる方にもご満足頂けると思いますよ!



<サイズ>



・幅15cm ¥3,240(税込)



*恐縮ながら、長さのご指定は承っておりません。正方形タイプか長方形タイプかをお申し付けくださいませ。



果物や薬味を切りたいときや、朝食、お弁当のお料理など、ちょっと使いたいときに便利なサイズです。また、パンなどをのせてお皿がわりとしても使える、とっても便利なミニサイズです。



・幅18cm ¥7,020(税込)*ご希望の長さをお申し付けください。



一人暮らしや、ご夫婦2人だけのご家庭を持つお客様に人気です。洗浄時に軽く、洗いやすいので重たいまな板は使いたくないという方にもオススメです。







・幅21cm ¥10,584(税込)*ご希望の長さをお申し付けください。



3~4人家族をお持ちのお客様に人気がある標準サイズのまな板です。小家族だけどお料理が好きでしっかりしたまな板が欲しいという方にもオススメです。







・幅24cm ¥12,852(税込) *ご希望のサイズをお申し付けください。



こちらも3~4人のご家族をお持ちの方に人気のサイズです。幅が広くゆったり使える幅です。パンやピザ、おかし作りを結構するという方には天板としても使えるので、オススメです。







・幅27cm ¥15,120(税込)  *ご希望のサイズをお申し付けください。



大家族をお持ちの方に人気のサイズです。こちらも、パン作りなどの用途にも使えますし、お蕎麦・おうどんを切るのに使いたいという方にも人気です。幅が広いので、長さを短めにしますと、洗いやすく、重さも感じずに使えるので、短め(約30cm~42cm)をご購入する方も多くいらっしゃいます。



<お手入れ方法>



お手入れ方法は意外と簡単です。



ご使用前に両面を濡らし(両面濡らして頂くことで防汚の効果がアップします!)、洗浄後絞った布巾でも構いませんので軽く拭き取り、調理場の上に風通しの良い場所でまな板立てに立てて乾かす!



これが一番のお手入れ方法です。



・ご使用後はたわし、スポンジなど、金のたわし以外をお使い頂き、洗剤でこすり洗いをお願いします。



・漂白剤はご使用にならず、除菌が気になるときは熱湯消毒か、アルコールのスプレーを洗浄後にお願いいたします。



・天然素材ですので、天然素材での汚れ対策もオススメです。重曹や塩でこすり洗いをしたり、お酢を薄めたスプレーを洗浄後に吹きかけたりするのも効果的です。



・天日に干すことは、ひび割れや反りの原因となりますのでおすすめしておりません。



毎日のお料理に欠かせないのはやはり、包丁とまな板…



包丁はしっかりと良いものを選びますが、まな板は見逃しがちではありませんか?



良い包丁は、繊細にできている為、弾力性のある板の上でなければすぐに傷んでしまいます。



また、銀杏の木の上で切ると、包丁のあたりの良さに本当に驚かされます。



今まで銀杏を使ったことがないお客様がお使いになるとすごく感動して頂き、わざわざ感想を伝えに来てくださるほどです。



そして、もう一つは切る音の良さ…



その音は昔お母さんが朝食を作る音で目覚める情景を思い出させます。



ぜひ、元祖銀杏焦がしまな板をお使いになり、その清潔さと切る感触、音を楽しんで見てはいかがでしょうか?



毎日のお料理が一層楽しくなり、よりお客様の健康をサポートしてくれることでしょう!




¥7,020 (税込)
種類
幅15cm ¥3,240
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

木香莉の家発祥!元祖銀杏焦がしまな板

木香莉の家がまな板の販売をスタートしたのは約20年前。

木を最大限に生かした住宅の建築をしている当社は木の良さをより多くの方々に知って頂きたいとの思いから、地元埼玉県日高市巾着田曼珠沙華まつりにてまな板の販売を開始しました。

当初は、当社の商品はまだまな板のみ。

お客様のお好みで選んで頂こうと、銀杏の他に桐やヒノキなど、お店いっぱいに並ぶまな板を販売していました。

しかし、銀杏以外のまな板は不備を訴えるお客様が多く、数年後からは、銀杏のみの販売に切り替えることにしました。

ところで、当社のスタッフも商品研究のため、自宅で銀杏のまな板を使用しています。

そのスタッフの自宅は湿気の多い地域にあり、梅雨の時期など湿気の多くなる時期には、表面は無事でも小口・側面が黒ずんでしまいます。

当店の商品をお使いいただいているお客様の中でも「どうしてもここがね…」とお悩みのお声も度々伺っていました。

そこで、住宅建築をする当社社長は建て具の製作工程を思い出しました。

日本家屋で使われる建て具の多くは湿気対策、防汚の為に木を焦がすのです。

この手法をまな板に生かすことはできないだろうか…?

この発想から生まれたのが、元祖銀杏焦がしまな板です。

国産で安心!埼玉県産の銀杏の木を使用

木香莉の家の商品は素地の商品が多数ございます。

その為、作り手がよく知っている地域の材をなるべく使用しています。

もちろん、元祖銀杏焦がしまな板も埼玉県産の銀杏を使用しています。

製材は埼玉県飯能市西吾野にある当初の製材所にて行なっています。

見た目は立派でも中を開けて見ないと分からないというのが木材です。

その材がまな板に向いているのかどうかしっかり見極める為、製材から製作をするのが当社のこだわりです。

一枚一枚心を込めて…

まな板というと一見ただの一枚の板に見えると思います。

しかし、製材から、表面をツルツルに仕上げるまで…まな板一枚を作るという工程は意外と手間がかかっています。

元祖焦がし銀杏まな板は長年住宅建築に携わってきた大工職人たちが作っています。

その技術が現れているのは、直線に木材を仕上げて行く工程、さらに均一に焦がして行く箇所にあります。

一番注目して頂きたいのは、まな板の表面の滑らかさ。ツルツルになるまで、限界まで仕上げるこの一手間がより汚れないまな板を支えています。

ただ切る削る、焦がすと考えがちですが、細かいところを見逃さずに作って行く手作業はいつ見ても職人だなぁと思わされます。

まな板は銀杏・柳…古くから伝えられている言われ

古くからまな板に使用されるのは柳か銀杏の木が良いと言われて来ました。

その理由には、

1.弾力性を備えており、包丁のあたりが良く、切るひとの手首にも優しいこと。また、板が凹みずらい。

2.油分が多く含まれている為、水はけが良いこと。

3.フラボノイドが含まれており、まな板に匂いが残らないこと。

4.殺菌効果に優れており、衛生的であること。

…など

が挙げられます。

柳の木は現在では、日本であまり生息しておらず、また太い木の中心の一部分でしか作ることができない為、大変高額なものとなっています。

その為、なかなか手に入れることが難しくなっています。

その点、銀杏はお値段も柳ほど高額ではないし、色味も柔らかなのでお料理を邪魔しないという好ポイントがあります。使い心地は柳も銀杏もそれほど変わりはありません。

銀杏のまな板は板前さんやプロの料理人の方も憧れるという最高級・最適品のまな板です。

焦がし加工、銀杏の木の特質が生む衛生的なまな板

近年では、樹脂のまな板を使用する方が多く、木のまな板を敬遠する傾向が見られます。

その理由としては、

・木のまな板はお手入れが難しく、衛生的ではない。

・結構お値段は張るのにすぐ取り替えなくてはならなくなる…


しかし、当社の元祖銀杏焦がしまな板なら、上記に記してきました内容から、そのように感じていらっしゃる方にもご満足頂けると思いますよ!

<サイズ>

・幅15cm      ¥3,240(税込)

*恐縮ながら、長さのご指定は承っておりません。正方形タイプか長方形タイプかをお申し付けくださいませ。

果物や薬味を切りたいときや、朝食、お弁当のお料理など、ちょっと使いたいときに便利なサイズです。また、パンなどをのせてお皿がわりとしても使える、とっても便利なミニサイズです。

・幅18cm      ¥7,020(税込)*ご希望の長さをお申し付けください

一人暮らしや、ご夫婦2人だけのご家庭を持つお客様に人気です。洗浄時に軽く、洗いやすいので重たいまな板は使いたくないという方にもオススメです。


・幅21cm       ¥10,584(税込)*ご希望の長さをお申し付けください。

3~4人家族をお持ちのお客様に人気がある標準サイズのまな板です。小家族だけどお料理が好きでしっかりしたまな板が欲しいという方にもオススメです。


・幅24cm       ¥12,852(税込) *ご希望のサイズをお申し付けください。

こちらも3~4人のご家族をお持ちの方に人気のサイズです。幅が広くゆったり使える幅です。パンやピザ、おかし作りを結構するという方には天板としても使えるので、オススメです。


・幅27cm       ¥15,120(税込)  *ご希望のサイズをお申し付けください。

大家族をお持ちの方に人気のサイズです。こちらも、パン作りなどの用途にも使えますし、お蕎麦・おうどんを切るのに使いたいという方にも人気です。幅が広いので、長さを短めにしますと、洗いやすく、重さも感じずに使えるので、短め(約30cm~42cm)をご購入する方も多くいらっしゃいます。

<お手入れ方法>

お手入れ方法は意外と簡単です。

ご使用前に両面を濡らし(両面濡らして頂くことで防汚の効果がアップします!)、洗浄後絞った布巾でも構いませんので軽く拭き取り、調理場の上に風通しの良い場所でまな板立てに立てて乾かす!

これが一番のお手入れ方法です。

・ご使用後はたわし、スポンジなど、金のたわし以外をお使い頂き、洗剤でこすり洗いをお願いします。

・漂白剤はご使用にならず、除菌が気になるときは熱湯消毒か、アルコールのスプレーを洗浄後にお願いいたします。

・天然素材ですので、天然素材での汚れ対策もオススメです。重曹や塩でこすり洗いをしたり、お酢を薄めたスプレーを洗浄後に吹きかけたりするのも効果的です。

・天日に干すことは、ひび割れや反りの原因となりますのでおすすめしておりません。

<ご配送について>

・ご注文から通常3-4日の間にご配送致します。(土日・祝日を除く営業日)

・表示されている在庫数を下回りましても、新たに随時製作致します。表示されている在庫数以上の枚数をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

元祖銀杏焦がしまな板で快適なお料理を!

毎日のお料理に欠かせないのはやはり、包丁とまな板…

包丁はしっかりと良いものを選びますが、まな板は見逃しがちではありませんか?

良い包丁は、繊細にできている為、弾力性のある板の上でなければすぐに傷んでしまいます。

また、銀杏の木の上で切ると、包丁のあたりの良さに本当に驚かされます。

今まで銀杏を使ったことがないお客様がお使いになるとすごく感動して頂き、わざわざ感想を伝えに来てくださるほどです。

そして、もう一つは切る音の良さ…

その音は昔お母さんが朝食を作る音で目覚める情景を思い出させます。

ぜひ、元祖銀杏焦がしまな板をお使いになり、その清潔さと切る感触、音を楽しんで見てはいかがでしょうか?

毎日のお料理が一層楽しくなり、よりお客様の健康をサポートしてくれることでしょう!