元祖銀杏焦がしまな板と自然派木工品のお店

木の温もり最大限に生かし、人の心と体と環境に良い物作りを目指して

私たちが目指しているのは、人の心と体と環境に優しい食器をはじめとする木工品です。
私たちは出来上がった製品になるべく塗装を施しません。
どうしても、塗る場合にはオイルなどの天然素材を使用しています。
それは、木の質感を肌で感じ、香りを楽しみ、質感の変化を目で毎日目で楽しむことにより、皆様に安らいで頂きたいと思っているからです。
そして、なるべく化学物質を体に取り入れないようにするためです。
塗らないことで、メンテナンスが大変そうと思われがちです。
確かに、それは不可欠ですが、そんなに難しいことはありません。
素地の木の食器は使うことにより、その美しさが倍増します。
私たちの商品は木目にもこだわり、木のありのままの美しさを表現できるよう、こだわりを持って作っています。
簡単なメンテナンスを行い管理をしていただければより美しいお皿を手にいれることができます。
それは、まるであなた自身がその美しいお皿を創り出したように感じさせてくれることでしょう。


より汚れずらく、使いやすいまな板を模索して

私たちは料理用のまな板を製作するためには、銀杏の木のみを使用しています。

なぜなら、私たちは古来から銀杏の木をまな板に使用してきたからです。

弾力性があり、油を多く含み、食べ物の匂いを付着させない。

そして、小口・側面を焦がすことにより、より汚れずらく、メンテナンスがしやすいとように焦がし加工を施しています。

焦がしまな板は当店発祥。

その使いやすさに、たくさんの驚きのお声をいただいています。

当店発祥!元祖銀杏焦がしまな板

敬遠しがちな木のまな板ですが、当店の元祖銀杏焦がしまな板はそんな方にぜひ使って頂きたい一品です。 その使い心地の良さにきっと感動するはずです… 木香莉の家の商品は素地の商品が多数ございます。 その為、作り手がよく知っている地域の材をなるべく使用しています。 もちろん、元祖銀杏焦がしまな板も埼玉県産の銀杏を使用しています。 製材は埼玉県飯能市西吾野にある当初の製材所にて行なっています。 見た目は立派でも中を開けて見ないと分からないというのが木材です。 その材がまな板に向いているのかどうかしっかり見極める為、製材から製作をするのが当社のこだわりです。 古くからまな板に使用されるのは柳か銀杏の木が良いと言われて来ました。 その理由には、 1.弾力性を備えており、包丁のあたりが良く、切るひとの手首にも優しいこと。また、板が凹みずらい。 2.油分が多く含まれている為、水はけが良いこと。 3.フラボノイドが含まれており、まな板に匂いが残らないこと。 4.殺菌効果に優れており、衛生的であること。 …など が挙げられます。 柳の木は現在では、日本であまり生息しておらず、また太い木の中心の一部分でしか作ることができない為、大変高額なものとなっています。 その為、なかなか手に入れることが難しくなっています。 その点、銀杏はお値段も柳ほど高額ではないし、色味も柔らかなのでお料理を邪魔しないという好ポイントがあります。使い心地は柳も銀杏もそれほど変わりはありません。 銀杏のまな板は板前さんやプロの料理人の方も憧れるという最高級・最適品のまな板です。 近年では、樹脂のまな板を使用する方が多く、木のまな板を敬遠する傾向が見られます。 その理由としては、 ・木のまな板はお手入れが難しく、衛生的ではない。 ・結構お値段は張るのにすぐ取り替えなくてはならなくなる… しかし、当社の元祖銀杏焦がしまな板なら、上記に記してきました内容から、そのように感じていらっしゃる方にもご満足頂けると思いますよ! <サイズ> ・幅15cm ¥3,240(税込) *恐縮ながら、長さのご指定は承っておりません。正方形タイプか長方形タイプかをお申し付けくださいませ。 果物や薬味を切りたいときや、朝食、お弁当のお料理など、ちょっと使いたいときに便利なサイズです。また、パンなどをのせてお皿がわりとしても使える、とっても便利なミニサイズです。 ・幅18cm ¥7,020(税込)*ご希望の長さをお申し付けください。 一人暮らしや、ご夫婦2人だけのご家庭を持つお客様に人気です。洗浄時に軽く、洗いやすいので重たいまな板は使いたくないという方にもオススメです。 ・幅21cm ¥10,584(税込)*ご希望の長さをお申し付けください。 3~4人家族をお持ちのお客様に人気がある標準サイズのまな板です。小家族だけどお料理が好きでしっかりしたまな板が欲しいという方にもオススメです。 ・幅24cm ¥12,852(税込) *ご希望のサイズをお申し付けください。 こちらも3~4人のご家族をお持ちの方に人気のサイズです。幅が広くゆったり使える幅です。パンやピザ、おかし作りを結構するという方には天板としても使えるので、オススメです。 ・幅27cm ¥15,120(税込)  *ご希望のサイズをお申し付けください。 大家族をお持ちの方に人気のサイズです。こちらも、パン作りなどの用途にも使えますし、お蕎麦・おうどんを切るのに使いたいという方にも人気です。幅が広いので、長さを短めにしますと、洗いやすく、重さも感じずに使えるので、短め(約30cm~42cm)をご購入する方も多くいらっしゃいます。 <お手入れ方法> お手入れ方法は意外と簡単です。 ご使用前に両面を濡らし(両面濡らして頂くことで防汚の効果がアップします!)、洗浄後絞った布巾でも構いませんので軽く拭き取り、調理場の上に風通しの良い場所でまな板立てに立てて乾かす! これが一番のお手入れ方法です。 ・ご使用後はたわし、スポンジなど、金のたわし以外をお使い頂き、洗剤でこすり洗いをお願いします。 ・漂白剤はご使用にならず、除菌が気になるときは熱湯消毒か、アルコールのスプレーを洗浄後にお願いいたします。 ・天然素材ですので、天然素材での汚れ対策もオススメです。重曹や塩でこすり洗いをしたり、お酢を薄めたスプレーを洗浄後に吹きかけたりするのも効果的です。 ・天日に干すことは、ひび割れや反りの原因となりますのでおすすめしておりません。 毎日のお料理に欠かせないのはやはり、包丁とまな板… 包丁はしっかりと良いものを選びますが、まな板は見逃しがちではありませんか? 良い包丁は、繊細にできている為、弾力性のある板の上でなければすぐに傷んでしまいます。 また、銀杏の木の上で切ると、包丁のあたりの良さに本当に驚かされます。 今まで銀杏を使ったことがないお客様がお使いになるとすごく感動して頂き、わざわざ感想を伝えに来てくださるほどです。 そして、もう一つは切る音の良さ… その音は昔お母さんが朝食を作る音で目覚める情景を思い出させます。 ぜひ、元祖銀杏焦がしまな板をお使いになり、その清潔さと切る感触、音を楽しんで見てはいかがでしょうか? 毎日のお料理が一層楽しくなり、よりお客様の健康をサポートしてくれることでしょう!

¥7,020 (税込)

こだわりを持ち、信念を曲げない頑固な物作り

当ショップは(有)モリタ工務店を母体とした木工品のショップです。

当社社長は1989年より工務店を設立し、埼玉県飯能市、入間郡毛呂山町、越生町周辺から産出されております、西川材の杉檜を使用した注文住宅を中心に建てて来ました。

当社のこだわりは、木それぞれが持つ特質を最大限に生かしたモノづくりです。

住宅建築に於いても間伐材を中心に、その木の持つ特質を考えて木を使用していきます。

材に使用する木は西川材という、山師が100年以上生育して出来上がる木です。その木、一本一本には人々の努力と大地で育まれた年輪も深く、大変上質な木に育っています。

建築で使用できなかった部分、余ってしまった木材たち…この木をただ処分してはあまりに悲しすぎる。

これが、山師の父を持つ当社社長が感じたことです。

この上質な木を何かに活かすことはできないか…?

そこで、生まれたのが木香莉の家の木工品です。

限界まで研磨加工をすること、そして気の特質を生かすことにこだわり、なるべく塗装をしない木製食器を目指しています。

木の特質を日々の仕事をする中で、実践を伴い学んで来た職人が「皆様に木の良さを知って頂きたい!」との思いを込めて一所懸命作り上げています。

まだ記事がありません。